こじろーぶろぐ

アクセスカウンタ

zoom RSS 東方茨歌仙 幻想郷の仙人とは何か?

<<   作成日時 : 2011/07/07 23:03   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

先日単行本が発売されました、東方茨歌仙。主人公の華扇は「片腕有角の仙人」とありますが、幻想郷における仙人とはどのような存在なのでしょうか。公式書籍などを読みながら少し考えてみました。
東方茨歌仙(茨木華扇)

■幻想郷における仙人とは?
公式資料である東方求聞史紀の「仙人」の項目によると、「仙人は修行を積み超人的な能力を得た人間」とあります。純粋な「不老不死」では無く、修行をし続けることによって「不老不死」に近い状態を保っているようですね。少しでも修行を怠ると死神に負け塵となり地獄に堕ちるとあります。お気楽極楽の天人とは違い、その不死性を保つ為に日々是修行と大変なようですね。また、勝手気ままな天人とは違い、仙人は人間の味方であり、妖怪退治を生業とする人間が仙人になることも多いとあります。華扇が霊夢にあれこれ説教したり、修行させたりするのも、人間の安全を事を考え、功徳を積む為なのでしょう。
東方茨歌仙(博麗霊夢)

■華扇は仙人なのか?
東方求聞史紀によると「仙人は老体の為、非常に脆く見える」とありますが、華扇の外見はどう見ても少女です。「東方茨歌仙」の作品中、華扇は自らを「行者」と名乗っています。つまり「まだ仙人になりきれていない修行中の身」なのかもしれませんね。とはいえども作品中、華扇は神出鬼没な術を使い、地獄の怨霊を消し、また幻想郷の最高神である龍(八百万の神々よりも遥かに格上)の子供を呼び出すなど、超人的な能力を披露しています。修行中の身といえども、その能力は既に仙人級と考えてよさそうです。
華扇は仙人なのか?

■死神「小野塚小町」との関係は?
作品中、小町は華扇に対して「あたいはまだあんたを完全には信用していないんだよね」と言っています。三途の河の渡し守である小町が自ら動くことは滅多に無く、過去の例では花映塚(大量の霊が花に憑依)、緋想天(不良天人が霊を斬りまくった)の時くらいです。今回小町は、華扇が旧地獄の怨霊を消滅させたことに対して警告をしにやってきました。が、反面、華扇が霊夢を修行させたことに対しては、ねぎらいの言葉をかけています。「死神の小町」と「仙人の華扇」、因縁浅からぬ仲のようですが、決して敵対関係にあるわけでは無さそうですね。
死神「小野塚小町」との関係は?

■仙人の本分とは?

現在の所、仙人らしき人物は華扇しかいませんので、全ての仙人がそうなのかはわかりませんが、「基本的に人間の味方で、人間を助ける存在」と考えてよさそうです。作品中では欲にまみれた人間達を啓蒙すべく、華扇が東西奔走する姿が多く見られますね。但し、「仙人自体も欲を捨てきれずに俗界で暮らしている(欲を完全に捨てると天人(*1)となり天界に昇る」ことを忘れてはいけません。このあたりに自ら欲を持ちながら、他人の欲を捨てさせたい華扇の葛藤がありそうですね。
*1  東方緋想天の元凶、比那名居天子は別。天子は一族が功績を上げて天人に昇華した為、吊られて修行も積まずに天人になっている。いわゆる親の七光。
仙人の本分とは?

そんな感じで、「幻想郷の仙人」について少し考えたことを書かせて頂きました。私は本誌連載は読んでいませんので、既に違った事実が明らかになっているかも知れませんが・・・。続きは半年後の「東方茨歌仙2巻」に期待という事で…^^;  それでは!




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
東方茨歌仙 幻想郷の仙人とは何か? こじろーぶろぐ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる